2006年
1月号2月号3月号4月号5月号6月号7月号
2005年
3月号4月号5月号6月号7月号8月号9月号10月号11月号12月号

GNNのスペシャル版として、ホビーファン・フィギュアファン的にも一番の注目作である『トップをねらえ2!』関連コーナーがスタート! 作品だけでは分からない『トップ2!』をホビーファン的に楽しむためのさまざまな情報をお届けします。その第一回目は、対宇宙怪獣の切り札、バスターマシン・ディスヌフの秘密を徹底追究しましょう。


地球の守護神バスターマシン

宇宙の彼方から飛来する謎の存在・宇宙怪獣。それを撃退するために作られたのが「バスターマシン」である。前作『トップをねらえ!』に登場したバスターマシン・ガンバスターと同じように、その巨躯には現存する科学力の粋を集めて作り上げられた兵器が内蔵されている。
ひとたび戦闘となれば、拳や蹴り、打突・斬撃などの近接兵器から、光学兵器やミサイルなどの遠隔破壊兵器を駆使して、宇宙怪獣を叩きのめす。この兵器を操縦できるのは、トップレスと呼ばれる特殊能力者だけだが、さらにマシンとの相性問題も存在する。このためトップレス能力があるからといって、すぐにバスターマシンに乗れるとは限らない。またバスターマシンには自我があり、ある程度の自律行動と戦闘を行うことができるようである。


隻眼の古強者が宇宙怪獣を叩いて砕く

宇宙怪獣の再来襲が始まり、その対抗策として多くのバスターマシンが作られた。しかし、その多くは激しい戦いの中で散っていったという……。ディスヌフは、現在でも戦闘可能なバスターマシンの中で、もっとも古いといわれる機体である。ダークカラーの機体色に円柱形の手足。そのフォルムには、バスターマシン1号・2号が合体したガンバスターの姿、かつて人類の危機を何度も救ったマシンの意匠と共通する隻眼の古強者が宇宙怪獣を叩いて砕くイメージがあるようだ。もちろん機体内部には、バスタービームやバスターキャノンをはじめ、宇宙怪獣軍団をなぎ払うための超兵器を内蔵する。しかし、ディスヌフがもっとも得意とする戦闘方法は格闘にある。2つの豪腕と強烈な蹴りで、幾多の宇宙怪獣を血祭りにあげてきたのだ。ディスヌフが得意とするその戦闘法は、格闘戦を好むパイロット・ラルクが搭乗することにより、さらに強力な技を繰り出せるようになる。彼女が搭乗するまでにも、多くのパイロットがこのディスヌフを駆り、宇宙怪獣を倒してきた武勇伝があるという。そのためディスヌフの機体の各所には多くの古傷が刻まれたままになっている。ディスヌフが隻眼なのも、腕が左右で形が違うのも、幾多の戦いを潜り抜け、修理が繰り返された証らしい。
かつてのガンバスターは、防御兵器としてマント状の「バスターシールド」を携行していたが、それは使用時のみ取り出すという運用をされていた。ディスヌフの身体は、通常時からマント状の装甲で覆われている。戦闘時にはそのマントの前を開け放ち、長い裾をたなびかせつつ戦うのだ。その姿は日本にいた「番長」という戦闘種族が纏う「ガクラン」のように見えるという。このように攻防一体の最強兵器として作られた、バスターマシン・ディスヌフ。しかしこの戦闘能力を最大限に発揮するには、やはり熱い魂を持った人間のパイロットが必要となる。1話の中でも、ディスヌフはラルクのトップレス能力で、彼女の影から瞬時に出現。その厚い装甲で飛び散るマシン兵器の破片からノノを守っている。このように操縦者・トップレスの超能力と、攻撃能力&防御能力を組み合わせることで、バスターマシンの可能性は無限大に広がるのだ。トップレス能力という火とバスターマシンという火が組み合わさり「炎」となれば、宇宙怪獣・絶滅の日も近い!?





ディスヌフは肉弾特攻を得意とするマシンである。その特性は格闘を好むパイロット・ラルクの搭乗によりさらに強化され、連続攻撃を繰り出せるようになる。




両拳でチャージされ発射されるバスターマシン伝統の必殺兵器。目も眩まんばかりの閃光が敵を焼き滅ぼす。




マント内に隠された鉄下駄型(?)メリケンサックを拳に装着し、ブースターを使って敵にハードナックルをぶち込む荒技。格闘戦特化のディスヌフならではの攻撃だ。




ディスヌフの手の指先から高速連射されるミサイル砲。
第一弾の装填に時間がかかるのは「昔からの仕様」です。


天駆ける兵器の華麗な変形

ディスヌフもバスターマシン1号&2号のように、変形機能を有している。箒のようなロケット型に変形し、高速移動することが可能となる。マント部分が体全体を覆い、機首となる長い突起部分が出現する。その機首の根元部分に、ディスヌフの顔が収容されている。
ラルクの呼び出しを受け、飛行形態のディスヌフが、天空の彼方から高速で飛来する! ディスヌフロケット形態 設定資料


バスターマシンを動かす司令室

ディスヌフの胸の中にあるコクピット。トップレスがここに搭乗し、バスターマシンの行動を制御する脳にして、心臓となる。バスターマシンはパイロットが乗っていなくても自律行動ができるが、ある程度の移動と、防衛戦闘のみである。持てる能力を全開にしての戦闘には、やはりパイロットが必要となる。
ラルクの影から現れるディスヌフ。この物質移送が彼女のトップレス能力だ。 コクピット内部の様子


超・能力を駆使するエリートたち

宇宙怪獣の襲来に前後して、人類の中に現れた超能力者、それがトップレスと呼ばれる人々だ。能力の定義は「物理法則に制限されない自由な運動、エネルギー情報の発生を触媒する超・能力の総称」となる。つまり、トップレス能力が発揮されれば、どんな常識も通用しない奇跡が起こせる。1話でラルクの影からディスヌフが突然現れるのは、彼女が持つトップレス能力の発現なのだ!ラルクのように物質の移送を行う者もいれば、エネルギーの遠隔操作、事前予知などなど、力の発現形態はトップレスによって違ってくる。
 
トップレス能力が発揮されると、使用者の頭部に現れるクレフシン発光。  


人類を狙う奇怪な襲来者

1話に登場した頭頂高・約30メートルの宇宙怪獣。怪獣というだけあって前作と同じく有機的な外見をしている。強力な熱線や硬質な脚部などを武器に、マシン兵器を破壊し、ディスヌフとも戦った。しかしこれは斥候偵察タイプだという。ブースターに変形して火星の引力圏外に脱出した行為も、本来ならば情報収集後に行い、本隊へ情報を持って帰るた
めの行動だったと思われる。

小さな触覚を出して周囲を探索。大きな本体は水の中に隠れていた。 ディスヌフとのスケール比較
2006年
1月号2月号3月号4月号5月号6月号7月号
2005年
3月号4月号5月号6月号7月号8月号9月号10月号11月号12月号